社員研修はじめの一歩。「新入社員研修」を徹底紹介!

どの会社でも行われる新入社員研修は、社員育成のスタート地点のようなもの。今後、優秀な人材が育つかどうかの分かれ目になるともいえます。だからこそ、新入社員研修についてよく知り、有効に活用する必要があります。時代遅れの研修をしていても人はついてきませんし、かといってやみくもに新しい研修を詰め込めばいいわけではありません。この記事では、現在行われている新入社員研修の概要を紹介し、今後の研修プランを立てるのに役立つ情報をお伝えします。

新入社員研修の目的とは?

まず、新入社員研修にはどのような目的があるのかを理解しましょう。研修には大きく分けて「意識転換」「コミュニケーションの学習」「会社・業務内容への理解」の3つの目的があります。

学生から社会人への意識の転換

学生から社会人になるときには、これまでは消費主体だった生活から、生産側・サービス提供側に回るという大きな変化があります。また個人が企業の看板となる意識、仕事に発生する責任などもきちんと理解する必要があります。スケジュール通りに授業や講義を受ける学校生活と違い、会社生活は状況に応じて臨機応変に対応する姿勢が求められます。

社会人としてのコミュニケーションを学ぶ

責任感を持って臨機応変に仕事に向き合うためには、社会的なマナーや礼儀はもちろん、上司や同僚とのやり取りや顧客やビジネスパートナーとの付き合い方など、それぞれの関係性に応じてより良いコミュニケーションを取ることが重要です。仕事において良好な人間関係を重視する現代の新入社員世代にとって、大変重要な要素といえます。

会社への理解、業務内容への理解を深める

新入社員は、企業のことや業務内容についてほとんど理解していません。実際の業務に入る前に、自分の会社が社会でどんな役割を果たしているのか、どのように業務が回っているのかを知り、自分の仕事がどう周囲に影響するのかを把握できれば、モチベーションの維持にもつながります。もちろん、企業によって業務内容は異なりますので、研修のなかでは一番オリジナリティが出る部分であり、重要な目的といえます。

社員研修の種類はこんなにある!

ひと口に社員研修といっても、現在はさまざまな種類の研修形態があります。ここでは主なものを紹介しますが、利便性やテクノロジー、予算、スケジュールなどを踏まえて、企業に合った研修を選ぶことが大切です。

入社前研修

入社前の不安を解消し、会社生活を想像できるようなポジティブな研修を行います。入社後の研修と合わせて、全体として大きな流れとなる構成だと、新入社員にとってより取り組みやすくなります。ひとつ気をつけたいのは、採用予定者とはまだ労働契約を結んでいないので、研修参加は義務となりません。学生にとって負担となるスケジュールや内容は控えた方がいいでしょう。

合宿・集団研修

研修用の施設や場所で短期間に集中して行われる集団研修は大変一般的で、多くの企業がこの形をとっています。同期と研修をともにすることで連帯感が生まれたり、指導担当者と直接やりとりできたり、人間関係を構築する最初の場となります。企業によっては、専用の施設に泊りがけで研修する合宿スタイルをとる場合もあります。

OJT

OJTとは「On The Job Training」の略語で、実際の業務を通して行う教育訓練のことです。仕事に必要な知識、スキルを社内の指導担当者から長期のスパンで学んでいく、実用的な研修といえます。具体的な仕事内容の理解に加えて、指導担当者と密なコミュニケーションをとれることが強みです。

e-ラーニング

インターネットを使った、オンラインでの研修です。さまざまな場所や時間で柔軟に対応でき、限られた設備で実行できるのが魅力のひとつです。ひとり作業になりがちなこと、また双方向のやり取りが少ないことから、語学のようなスキル習得や、自己啓発的な内容を扱うことが多くなっています。

社員研修の具体的な内容

それでは、実際の新入社員研修ではどのようなことをするのでしょうか? ここでは、研修で学ぶ内容の具体例をご紹介します。

一般的なビジネスマナーを理解する

以下のような基本的なビジネスマナーを学びます。

  • あいさつ
  • 表情
  • 身だしなみ、清潔感
  • 態度
  • 言葉遣い
  • お客様、取引先への接し方
  • 席次や名刺交換など

チームワークを身に付ける

上記のことをしっかりと体で覚えるために、チームによるロールプレイングやワークなどを通して練習します。言葉の使い方は合っているか、ハキハキと話せているか、お辞儀の仕方や表情などをお互いに確認し合いながら、反省点や良かった点などを伝え合います。実際に他人とやり取りをしてみて、初めて自分の癖や課題などに気づき、自分のことを客観視できるよい機会となるうえ、チームワークも身に付けることができます。

基本的な実務業務を学ぶ

電話応対やメールの書き方、報連相(報告・連絡・相談)など、実際の業務で発生する基本的な作業についても習得します。特に報連相は、状況や場面に応じて使い分けること、事実と意見を混同しないこと、報連相を行うタイミングなどを把握してもらうために、実際起こりそうなシチュエーションを想定して実践します。

内製と外注のメリット・デメリットは?

新入社員研修は、社内で行う内製と、外部の専門家の力を借りて行う外注の方法があります。内製の場合は自社に合った教育が可能になること、日時や内容に柔軟性があること、人材育成のノウハウが蓄積されるなどのメリットがあります。逆に、現場の社員の負担となったり、均一な質を維持できなかったりするなどのデメリットもあります。

外注の場合は、企業の課題を客観的に分析し、それに合った研修を提案してもらえること、専門的な研修が受けられること、社員の負担が少なく業務への支障がないことなどがメリットとなります。ただ場合によっては、外注先への自社の説明に時間を要したり、突然の日程調整が難しくなるといった事態も起こることがあります。

昨今の新入社員世代は、従来型の画一的な研修では育成が難しくなってきています。「自分から学ぶ」モチベーションを育む教育のためには、企業の現状と将来を想定したうえで、課題と目的に沿った研修を選択すること、また複数の研修を組み合わせてオリジナルのプログラムを組むことが大切です。

詳しくはこちら.png

著者プロフィール

著者アイコン
ワークハピネス
「個が輝く強い組織づくり」を支援する株式会社ワークハピネス。様々なノウハウをお届けしていきます。

関連記事